元雑誌編集者が実体験に基づき育児に関する情報をお届け♩

新米ママの育児メモ。

シンプルで使いやすい!わたしの育児日記。

投稿日:

昔から日記を書くのが好きだった私。
妊娠してから知ったのですが、育児日記っていうのが売ってるんですね。
もちろん購入し、今も毎日書き続けています♩

育児日記って?

育児日記とは、授乳、睡眠、排泄した時間や回数を記録することができ、赤ちゃんの体調管理ができる日記です。
また、寝返りをうった日、ハイハイした日、歯が生えた日、言葉を発した日、歩いた日など、初めて記念日の感動を自分の言葉で成長の記録として残せます。

新生児の頃は特に授乳回数が多く、1日に何度も授乳してると「さっきいつ授乳したっけ?」と分からなくなることがあります(笑)
そんな時、育児日記にメモしておけば、しっかりと授乳感覚も把握できますよ♩

日記とか文章書くの苦手〜って人も安心!
育児日記はとってもシンプルで使い勝手が良いものが多く、「正」の字で授乳や排泄の回数を記したり、一言日記みたいな感覚で書けるので、三日坊主さんも続けやすいと思いますよ♩

オススメの育児日記を紹介♩

実際に私が使っている育児日記はコレ↓
じゃんっ

Upcheeka(アプチェカ)の育児ダイアリーです♩

書きやすそうだったのと、赤ちゃんっぽい可愛いデザインに一目惚れしてこれに決めました★

中を開くとこんな感じ↓
じゃんっ

サイズはB5サイズなので、少し大き目です。
全ページフルカラーでデザインも可愛く、忙しいママでも空いた時間にサッと記入できるのが嬉しい◎
日記を書くのが苦手な方にもオススメですよ♩


また、このダイアリーの最大のポイントは、マタニティ期から始められること。

エコー写真と共に、マタニティライフの記録を残していけますよ♩


睡眠や排泄、授乳の記録は時系列に記録していけます。
ちなみに私は、右の空欄に左右どちらのおっぱいから授乳したかをメモしています♩
どちらかに偏ると乳腺炎になるリスクがあるので!


リングになっているので、開きやすく書きやすいです。


後ろにはママの日記を書くページも♩
私は、その日にあったことや気持ちなどを綴っています。
盛りだくさんで楽しかった日は、書きたいことがありすぎてこの欄じゃおさまりきらないことも!(笑)


週の最後には、今週のひとことを記す部分が♩
どんな1週間だったのか振り返ることができます。


初めて記念日を残せるページがあったり、


お宮参りやお食い初めなど、イベントごとの記録を写真と共に残せます♩


出産祝いの管理ってなかなか大変なんですよ!
誰から何をもらったっけ〜?!とか、いくら頂いたっけ?!とか、分からなくなってしまうことも。
だから、こういうまとめリストがあると整理できて、内祝いを考える際にかなり助かります♩


生後2ヶ月から始まる怒涛の予防接種の日々。(笑)
スケジュール管理がしやすくなります♩


背表紙に、クリアポケットや書類を挟むことができるポケットがあるのも嬉しいです◎

授乳中や、寝る前にササっと記入するだけなので、本当に楽ちんです♩

また、この記事で紹介したように、森永乳業の会員サイト、M's Club育児版の新規会員登録(無料)をすると、わたしの育児日記(後期)がもらえますよ。

シンプルで使いやすいので、とても人気があります♩
しかし、後期(7ヶ月〜1歳まで用)の日記なので、出産直後は使えません!
産院で前期(〜6ヶ月まで用)の日記がもらえるところもあるので、確認してみてください♩

コチラ(株式会社リザンコーポレーション)からも購入できます。

中を開くとこんな感じ↓

日記だけでなく、予防接種のスケジュール管理ができたり、病気した時の記録を書くスペースもあるのが嬉しいですね◎

最後に

日記って特に誰に見せるわけでもなく、自己満のものだと思うんです。
でも、日記ってあとで見返した時にほんと面白いんですよねぇ〜♩
だからやめられないです!!
特に育児日記は、赤ちゃんの成長や変化が分かったり、数年後赤ちゃんがおっきくなった時一緒に見返したら面白いなぁと思います♩
私も実際、母親の手書きの成長記録のメモを見た時は嬉しかったので♩
私も娘にたくさん残していきたいと思っています!
今から既に、娘と一緒に見返すのが楽しみです♡(笑)

-おすすめグッズ, 育児

Copyright© 新米ママの育児メモ。 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.