元雑誌編集者が実体験に基づき育児に関する情報をお届け♩

新米ママの育児メモ。

妊娠中の辛い便秘を解消!おすすめ3選♪

投稿日:

妊娠してから増える悩みの一つとして、便秘を経験する人は少なくないのではないでしょうか。

自慢する話ではないのですが、妊娠前は私、必ず1日2、3回お通じがありました(笑)

ところがどっこい、妊娠してから3、4日出ないなんて当たり前!!
ひどい時なんて1週間近く出ない時がありました。

んもーーーう、便秘が続いてからお腹が苦しくて苦しくて。
R-1やLG−1などの腸内環境を整えるヨーグルトを毎日食べるようにしたり、
いろいろ試してみましたが、なかなか便秘は改善されず。

そこで!
私が試行錯誤した結果、見事便秘が解消されたおすすめの3つのことを紹介していきますね♪

1.朝起きたら、まずコップ1杯の水を飲む

gatag-00008445

これ、よくネットとかでも紹介されてますよね。
もともと私は水が大好きなので、よく水を飲む方だったのですが、
どうやら妊娠中は汗をかきやすかったり、赤ちゃんに血液を送ったり、
羊水に水分を使用するため普段より多く水分を摂らなくてはいけないとのこと。

寝起きに1杯の水を飲むことで、胃腸が刺激されて腸内運動が活発になるんです。
お腹がギュルギュルなって、胃腸も目覚める感じがしますよ♪(笑)

ここで注意したいのが、必ず常温の水を飲むこと
冷たい飲み物を飲むと、体温が下がってしまって血行が悪くなり、便秘の原因となってしまいます。
水に限らず、飲み物はなるべく常温もしくは温かいものを飲むようにしてくださいね♪

2.もち麦を白米に混ぜて食べる

以前、なにげなくテレビを見ているとダイエット番組が流れていました。
その時に紹介されていたのが「もち麦」です。

もち麦とは、大麦の一種で、
大麦よりもっちりしておりプチプチした食感が特徴の穀物です。
なんと、白米の約20倍もの食物繊維が含まれているそうな!!

さ!ら!に!
もち麦には内臓脂肪やコレステロールを減少させたり、
糖尿病の予防や腸内環境を整える効果があると言われており、
嬉しいこと尽くめなんです。

私はいつも白米を炊く際に、
白米:もち麦=2:1の割合で炊いています。

Processed with VSCO with a6 preset

いつも通りにお米を洗い適量の水を入れ、
そこにもち麦を洗わずそのまま入れて、袋に表記通りの水を入れて
軽くかき混ぜて炊飯ボタンを押すだけです♪

白米に混ぜるだけでなく、
もち麦を沸騰したお湯で15分ほど茹でてザルにあげ、
サラダやスープに入れたり、ヨーグルトにかけても美味しいですよ♪

玄米のように特有のクセはなく、
とても食べやすいです。

もち麦を食べるようになってから腸内環境が改善されたのか、
本当にお通じが良くなりました♪
ちなみに、旦那も便秘がちだったのですが、
今では1日2回出るそうです(笑)
さらに、便秘が解消されたことによってお腹のむくみがとれ、
ウエストも少し細くなったみたいです!!

もっと早く知ってたかった〜〜〜!!

3.ヤクルト400LTを飲む

昔から国民に根強く愛されているヤクルト♪

中でもヤクルト400には、腸内環境を整えてくれる
乳酸菌シロタ株が400億個も入っています。

Processed with VSCO with a6 preset

私はいつもヤクルト400LTを朝ご飯のあとに
グビグビっと飲んでいます。
普通のヤクルトより甘さ控えめなので、飲みやすいですよ♪
そうすると、お昼ご飯を食べたあとあたりに
だいたいもよおしてきます(笑)

ヤクルト400に比べヤクルト400LTは、
カロリー30%オフなので、
体重管理が大変な妊婦にとっては嬉しいですね♪

スーパーには普通のヤクルトしか置いていないかもしれません。
私はヤクルトレディから購入しています♪

まとめ

便秘を解消するためには、
・朝起きたらコップ1杯の水を飲むこと!
・1日1本、ヤクルト400LTを飲むこと!
・もち麦ご飯を食べること!

この3つを実践すれば、きっと腸内環境が良くなるはずです。
ぜひ実践してみてくださいね♪

-マタニティ

Copyright© 新米ママの育児メモ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.